maison de petit ours*

About me

Success is the ability to go from one failure to another
with no loss of enthusiasm.

成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。
ウィンストン・チャーチル


スポンサーサイト

Posted by こぐま on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIY デイスプレイ棚

Posted by こぐま on



2009年5月に、ディスプレイ棚を新しく作り替えたのですが
まだ、くわしくこの棚の事を記事にしてなかったですよね。


あくまで私イメージですが。フレンチテイストな棚をイメージし作成。

ウチとか・・・オットの手助けは0ですよ。。


090915i.jpg

以前の棚は2006年4月に作ったものです。

三角をつけず、片面はカットせず、その側面を使い、
つつぱり棒の様に支えるもの。

この、片面だけ長さが違うと言うのが気になってたのです。

何か理由がないと、意外に腰が重いって箇所もあります。。

気になってたので、やはり作り替えてよかったです*^(ェ)^*

090915b.jpg

曲線は自分でカットできなかったので、ハンズで木材を購入し・・・

あらかじめ・・・自分でデザインした型紙を作り、それを持って、
型紙の通りにお願いできますか?と伺ってカットをお願いしました。

※型紙は返却されない場合がありますので、ご注意ください

090915k.jpg

DIYやったの3年ぶりだったので、とにかく失敗だらけです。

板と板をつなぐ位置ずれてみたり、違う箇所にうっかり穴開けしたり…。

DIYって?難しいのでは無いだろうか?私にも出来るのだろうか?と
不安に思う方も居られると思いますが、意外に形になるのカモ☆

直線カットをやってくれるホームセンターもありますし、、、。

ワタシとか・・・

要領をつかむまではこんなボコボコで、ホント裏では・・こんな感じも。
穴は全部、パテで修正しやすりかけて、ペイントすれば目立ちませんョ^^

◆わたしがやって良かったこと

①一気にネジ打ちをする前に、まず・・あらかじめキリで印を付けた

②板を重ね合わせるのに、先に・・上の板は細~いドリルを使い印を穴あけ

③その板の下を、キリで打ちし印を付け、ネジ先を安定させた後に固定した

文章力足りなくて、、分かり難かったらごめんなさい。

最初は、こんな風にボコボコでしたが^(ェ)^;後半からは・・スンナリ行けました。


090915d.jpg

実は、今はホワイト1色ですが・・・飽きたらアンティーク風にも
したいと思い。。このように・・あらかじめ、ペイントをしています。


090915e.jpg

乾いた後、この上にホワイトのペンキを塗って

ホントウなら、その上をやすりで削ればどこか
アンティーク風シェルフになると思うのですよ。。


090915f.jpg

最初、組み立ててからペイント前に、サイズ&幅を確認しました。

ホントウはこんな風に上下、ひっくり返しても
両方使えるシェルフにしたかったのですが・・
釘打ちがNGになり残念。。

マスキングで目印をつけて、その後にカメラでも写して、
念入りに位置は確認しました。


090915h.jpg

これがNEW棚のサイズです☆

やって上手く行かない、ディスプレイが思う様に出来ないに関しては
一切、責任負いかねます。聞かれる事もあるので書いただけです。

それで、この棚を使ってディスプレイを楽しんでいるのです。

棚が145cmもあるので、やはり雑貨の飾りがいあります♪
前の木が勿体ないので、いずれ和室にあの棚をつける予定。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ 

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。